アクアクララユーザーは面倒臭がり



▼サーバーだけの定額レンタルサービス



先日、知人の福祉作業所を訪ねた時に、アクアクララがあったことを思い出しました。知人の作業所ではスタッフの方も利用者さんも、アクアクララのお湯でお茶やコーヒーを飲んでいますし、お客様に出す飲み物もアクアクララのお湯でつくっています。

 

それは前から知っていたのですが、そういえば、知人はなぜアクアクララにしたんでしょうか?そもそも、どうしてウォーターサーバーをレンタルしているの?ふと、気になって聞いてみた動画が以下です。

 

 

 

よく聞き取れない方のために、文字起こしをしてみます。

うさ子「あ、アクアクララじゃないですか?」
知人男「はい、アクアクララです。」
うさ子「え、これ、いつから入れているんですか?」
知人男「4年前です。」(2013年)
うさ子「4年前。へー、なんでまた?」
知人男「一番、トータル安かった。」
うさ子「アクアクララが?」
知人男「当時、当時。」
うさ子「当時?」
知人男「当時…富士山のなんとか水とかあるじゃないですか?ああいうのと比較して、あの…キャッシュバックですね」
うさ子「あ、そういうのもあるんですか?」
知人男「ありますよ。キャッシュバックの率とランニングコストと、そいうのを比較してアクアクララが当時は一番安かった。」
うさ子「今違う?」
知人男「違うはずですね。」
うさ子「あ、そうなんだ。じゃ、変えたりとかはしないんですか?」
知人男めんどくさい(笑)
うさ子「そもそも、なんでウォーターサーバーを入れようと思ったんですか?」
知人男「あのー、水道まで行くのが面倒臭かったから(爆笑)
うさ子「ここで水道遠いですからね。」
知人男「遠いんで、で、ペットボトルで水を買ってもおんなじなんですね、金額的にだいたい、ランニングコストとか。一緒なので。」
うさ子「へー、これってなに?コースとかあるんですか?今、お水一杯ありますけれど。」
知人男「コースはないと思います。」
うさ子「頼めば来る?頼めば持ってきてくれる感じ?」
知人男「そうですね。」
うさ子「なるほどねー。ありがとうございます。」

 

現在は新興勢力に押され気味で、アクアクララのシェアは現在、2位か3位のようです。業界のパイオニアで高い認知度を誇るアクアクララをどこかのサイトが「腐ってもアクアクララ」と表現しているのを見て思わず吹き出してしまった私ですが、勢いがなくなっても、いまだに高いシェアを誇っているのは、知人男性のように、宅配水事業者を変えるのは面倒臭いと思っている大多数の法人ユーザーに下支えされているものと思われます(笑)

↓↓↓

関連記事:大手ウォーターサーバー会社の一覧

 

それにしても、そもそも知人がウォーターサーバーを導入したきっかけも「面倒臭かった」なんて、さすが私の知人だ、と、そちらでも笑ってしまいましたが(実は私が導入を検討している理由も同じだからw)、知人のところは大手工場が業務を縮小して使われなくなった建物(製造棟)の一角を間借りしているので、トイレは近くにあっても、給湯設備や流しなどはなく、ポットに飲料水を汲むためには離れている別棟まで行かないとダメなんでしょうね。

 

ですが、業者さんなら工場の中に入って来て敷地内を車でずーっと運転して来て、知人が借りている棟の作業所まで、直接、水を配達してくれるので、確かに便利で非常に楽だと思いました。私も同じ考えなのですが、水の品質とか味とかいうよりも、水がないところに水を持ってきてほしいと思っている人は、多いと思うんですよね。

 

そういう法人さんは、空ボトルの処理も大変だしゴミの集積所も遠いかもしれないので、回収型の硬質ボトルのほうが向いているかもしれません。

 

こう言っちゃなんですが、知人の作業所って全体的に雑然としていてウォーターサーバーも汚いですよねー(笑)(いいんです、知人には前にも「もっときれいにしたら?」と言ったことあるし!w)だから知人の作業所は、空ボトルを自分で廃棄する使い捨てボトルよりも、配達と同時に空ボトルを持って行ってくれる回収型(リターナブル)の業者さんのほうが向いているように思いました。

 

回収型のウォーターサーバー事業者さんはこちらです

↓↓↓

アクアクララ
クリクラ



★参考になった方はポチっと応援お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村


★参考になった方はポチっと応援お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村


▼知名度No.1のアクアクララ▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です