ウォーターサーバーは検索してはいけない




▼ネット申込者が多いコスモーウォーター







ウォーターサーバーと言えば、アクアクララしか知らなかった私ですが、ほかにも色々あることがわかり、もし、よさげなのがあったら、実際に利用したいと思い、少しネットで調べてみることにしました。

 

そこでわかったこと。

 

ウォーターサーバーは検索で調べたらダメです。検索したらいけません。

 

なぜなら、実際にサービスの品質や人気の度合いとは無関係に、圧倒的にネット戦略に長けた会社だけが検索上位に表示されるようになっているからです。

 

また、ウォーターサーバー各社をさらに上回る巧みな絶妙ノウハウで検索上位を占める比較ランキングサイトも、紹介料マージンの金額次第である程度の恣意的な操作は入っているそうなので、真実とは異なるランキングを掲載しているサイトもあるそうです。

 

私はまず単純に、「ウォーターサーバー」という単独のキーワードだけで検索してみました。するとまず[広告]の付いたサイトが上から4~5つ続きます。すべて比較ランキングサイトです。

 

それらはお金を出して自サイトを広告扱いにしてもらっているサイトなので、サイト全体が広告と思っても差し支えないと思うのですが、中を見てみると、人気ナンバーワンはいずれもコスモウォーターです。だからもしかしたら、コスモウォーターを宣伝したい目的のサイトかもしれないんですよね。

 

あと、コスモウォーターは本当に宣伝力がすごくて、どんな関連ワードで検索しても、他社の名前で検索したときでさえも、一番目立つ広告枠に現れてしかもタイトルが非常に魅力的なので、多くの人が当初の目的を忘れて、そっちをクリックしちゃうと思うんですよね。これじゃお客さんを持って行かれますよね^^

 

 

 

広告以外の検索結果でも、比較ランキングサイトと宅配水の会社が、ごちゃごちゃに混在して上位表示されますが、だからといって、検索で上位表示される会社が実際にシェアや人気が№1というわけではないし、比較ランキングサイトはそもそも怪しいところがあるそうなので、いったい何が真実で、何を信じたらよいのか、パッと見た限りでは、素人にはまったくわかりません。

 

要するにこの世界は、上位検索されるノウハウ(俗にいうSEO)に長けているところが一人勝ちしやすい仕組みになっているのだと思います。

 

私は当初、各ランキングサイトで上位を占めるコスモウォーターが人気も売り上げもナンバーワンなのだと思いました。ですが、株式会社ウォーターダイレクトという会社の資料(少し古いですが)によると、実際の市場では、ナック(クリクラの会社)という会社がシェア1位なのだそうです。

 

 

しかも、この資料をつくった株式会社ウォーターダイレクトのクリティアというウォーターサーバーサービスは、今はプレミアムウォーターというウォーターサーバーサービスと統合されてしまったみたいなんです。

 

なんだかもう、頭が混乱して全然わかんない・・・

 

今までの私は、ウォーターサーバー(宅配水)と言えばアクアクララしか知らなかったので、自分でも導入を検討しようと思ったときに、まず「アクアクララ」で検索しました。すると、興味をそそるタイトルで他社のサイトが多数表示されたので「え?なにこれ?」と、やはりそっちをクリックしてしまいました。ネット上の寡占ってこうやって起こるんだな・・・

 

私自身もそうですが、「まず検索!」という手順が多くの人達に浸透している昨今、「ネットを制する者は売り上げを制す」みたいなところって多分にあると思うんですよ。特に一般の消費者が相手の商売はね。

 

私は一応、プロコーチという個人事業主なので、ネット活用とかネット戦略みたいな本やサイトも少しだけ読みますが、そういう情報を見ていると、まず、その会社の担当者の人が、そっち系のノウハウに詳しくなることが大前提ではないか?という気がしてきます。(とかいって、私もよくわからないw)

 

そう考えた私が検索に頼らずに、ものすごく頑張って時間をかけて作った(その割には中身が全くない)「大手ウォーターサーバー会社一覧」がこちらです。なのにすごく薄っぺらで情報が少なくて、自分のためにつくったのに自分でさえも全く参考になりません(汗)

 

なぜ、こんな中身のない一覧表に、予想外に手間と時間がかかってしまったのか?は、この次の記事「ウォーターサーバーのサイトは初心者が見てもさっぱりわからない」で書こうと思います。

▼サーバーだけの定額レンタルサービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です