ファミマの天然中硬水「霧島」を飲んだら瞬時にお腹が異変が・・・




▼現在、シェアNo.1のクリクラウォーターサーバー



今日は県外の会社さんと打合せ。現地にかなり早く着いてしまったので、近くのファミリーマートで時間調整。

 

 

店内に入り水でも買おうかと思って棚を眺めたら、天然中硬水「霧島」なるミネラルウォーターを発見!普段飲んでいるミネラルウォーターは軟水なので、どこが違うのか気になって、興味本位で買ってみました。

 

 

そして早速飲んでみたところ、「ん?」意識して飲むゆえの気のせいかもしれないけど、一瞬、刺激とまではいかない「何か」を感じ、水が胃の底辺に届くや否や、おへそのあたりが何やら反応し、下っ腹が収縮する気配を見せて、お尻の肛門のあたりがの排便の準備を始める感覚が立ち上がりました。

 

これ、本当に、一瞬のうちに起こったんです。人の体ってメチャメチャすごいですね。ファミマの「霧島」がどうこうということよりも、体内に異物が入ったときの生体の情報伝搬のスピードと、内臓各器官の高速連携プレイに心から感服してしまいました。

 

よく、日本の水は軟水でヨーロッパの水は硬水と言われますが、軟水と硬水はカルシウム+マグネシウムの含有量の違いで区別されます。

 

水の硬度は『硬度(mg/l)=Ca(mg/l)×2.497 + Mg(mg/l)×4.118 ※アメリカ硬度』で算出されますが、日本の一般的な区分では、
----------
●軟水……硬度 0~100mg/l 未満
●中硬水…高度 100mg以上~300mg/l 未満
●硬水……高度 300mg/l 以上
----------
だそうです。(WHO世界保健機関の基準はこれとはまた異なるようです)

 

 

ファミマの天然中硬水「霧島」のカルシウムとマグネシウムを、CASIOの『水の硬度自動計算』に当てはめてみると、「霧島」の硬度は151.5で、日本の一般的な基準では中硬水、WHO世界保健機関の基準では硬水となるようです。(それにしても、水の硬度を自動計算してくれるサイトがあるとは!w)

↓↓↓

水の硬度計算

 

調べてみると、マグネシウムを多く含む硬水は、お通じをよくする効果があるらしく、便秘に効くそうですが、それを読んで心から納得してしまいました。体にいいのかどうかはわかりませんが、この感じでは来ますね。今も、このブログを書きながら日中の残りをひとくち飲んでみましたが、飲み込むとほぼ同時位に肛門が反応します。この感覚を保ったままトイレに行けば、イメトレ的な工夫でウンチが出るんじゃないかな。

 

ですが、本日、私はこの「霧島」を仕事前に飲んでしまったために、少々焦りました。打合せの最中に本格的にトイレに行きたくなったらどうしよう?と少し不安になってしまいました。あ、たったいま飲んだ「霧島」で下腹も反応した感じです。私ってマグネシウムに敏感な体質なのかなぁ・・・

 

しかしこれを書きながら調べていたら、なんとエビアンも硬水とわかって、個人的にびっくり~!でも私、市販のミネラルウォーターって、仕事先で出されることはあっても自分では買ったことがないんですよね。だからエビアンも飲んだことがありません。

 

そうか~。潰瘍性大腸炎だった息子が、「水を飲むなら軟水で」と病院から言われていたのはそういうことだったんですね。無知な私は、日本で売っている水は(たとえエビアンでも)すべて軟水と思い込んでいました^^(今度、エビアンも飲んでみようかしら?)

 

私は便秘ではないので、悪いい方をすれば、今回飲んでみたこのファミマの天然中硬水「霧島」は、幾分「体に合わない」と言えるのかもしれませんが、いずれにしても、仕事前だけには飲まない方がいいですよね。

▼ワンピースのウォーターサーバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です